観光記事はこちら!

証券会社の選び方と資産運用の始め方を紹介します!

   

            チャンネル登録お願いします!
お金を貯金したいけど固定費が…

資産運用の仕方がわからない…

といった理由で資産運用を初めることができない方がいるかと思います。

ですがスマホで全てその悩みが解決できます!実際に私もそのような悩みがありましたが、すぐに解決することができました

今回は証券会社の便利な特徴を掴んで、ストレスを溜めることなく資産を増やしていきましょう。

証券会社の選び方

まず初めに証券会社をら選ばなければいけません。
とは言いつつ日本には証券会社が腐るほどあります。

その中から選ぶポイントを紹介します。

・手数料の安さ
・使いやすさ
・ポイントは使えるか?

上記の3つが大きなポイントになります。
各項目にて紹介します。

手数料の安さ

株式取引を考えてる方は手数料で証券会社を選ぶ必要があります。

手数料
株式 純金
SBI証券 アクティブプラン 10万円までは0円
スタンダードプラン 約0.1%
   2%
楽天証券 5万円まで 50円+消費税
10万円まで90円+消費税
20万円まで105円+消費税
   1.5%
マネックス証券        100円
定額コース 2500円(300万円ごと)
    2.5%
(マネックスゴールド)
SMBC日興証券 10万円まで137円
20万円まで198円
 取り扱いなし
野村証券 10万円まで152円
30万円まで330円
 取り扱いなし
みずほ証券 100万円以下 約定代金×0.57750%  取り扱いなし
GMOクリック証券 まで10万円 88円(税込96円)
まで20万円 98円(税込107円)1日定額プラン10万円まで 213円(税込234円)
 取り扱いなし
岡三証券 100万円以下 約定代金の0.63250%

SBI証券はのアクティブプランは一日何回取引しても一定の金額です。利用金額ごとに少しづつ手数料が違いますが、最初は10万円以上も運用しないと思います。

次に紹介する会社は人工知能に運用を手伝ってもらえるWealthNaviとTHEOと、お釣りで運用できるとらのこ、3タップで購入できるOne Tap BUYの紹介です。

手数料
WealthNavi 預かり資産3000万円まで年率1.0%(税別)
3000万円を超える部分 年率0.5%(税別)
THEO 1万円以上50万円未満             0.90 %
50万円以上100万円未満         0.80 %
100万円以上1,000万円未満    0.70 %
1,000万円以上                      0.65 %
とらのこ 0.3% (年)  月額利用料金 300円

 

手数料はとても安いと感じてしまいますが、手数料とはいえ長期的な目で見ると結構とられてしまいます。

使いやすさ

使いやすさもとても必要ですね。

アプリ
iOS Android
SBI証券
楽天証券
マネックス証券
SMBC日興証券
野村証券
みずほ証券
GMOクリック証券
岡三証券
WealthNavi
THEO

一昔前からスマホで注文と決済ができます。
有名な証券会社はアプリから注文と決済を行えます。

ポイントが使えるか?

最近では身近なポイントで資産運用ができます。

使えるポイント
ポイント名
SBI証券 Tポイント
楽天証券 楽天ポイント
マネックス証券 マネックスポイント
(手数料や仮想通貨の購入に利用可能)
SMBC日興証券 dポイント
(貯めるのみ)
野村証券
みずほ証券 みずほポイント
(商品券などに交換できる)
GMOクリック証券
岡三証券
WealthNavi TOKYU POINT 東急ポイント
(貯めるのみ)
THEO dポイント

ポイント運用することで心理的な負担を相当減らすことができます。

SBI証券のTポイントと楽天証券の楽天ポイントなどは、皆さんも貯まっているかもしれないので気軽に資産運用できます。

投資の始め方

証券会社を選んだ後は投資の始め方です。

まず自分の資産に見合った資産運用を行いましょう。
現在の資産が

5万円以下
20万円以下
50万円以下

によって大きく変わってきます。

5万円以下

資産が5万円以下の場合の資産運用はかなり限られてきます。ですがとても良い金融商品が揃っているので、資産が少ないからしっかり資産運用ができないと言うわけではありません。

実際に私も5万円以下から始めました!

まず資産5万円以下のおすすめの資産運用は

つみたてNISA
THEO

です
つみたてNISAは最低月額100円から始めることができます。

私はSBI証券でつみたてNISAを積み立てています。

THEOは最低額1万円から始めることができ、お金を預けるだけで自動で資産運用してくれます。わずか1万円で世界に分散投資してくれますので、日本株が急落してもさほどダメージはありません。同じ国にお金を集中させることはリスクがかなり高いです。

資産が5万円以下であればまずは1万円以内で資産運用を初め、資産運用がどのようなものなのかを体験するといいと思います。
運用が始まると次第に勉強するようになり、少しづつ経済に詳しくなります。

たった数日で利益が出ても調子こいて追加で運用に回さないようにしましょう。

利益が出た後の動きも勉強が必要です。分析すると大衆心理が少しづつ分かるようになるかも…!

20万円以下

つみたてNISA
THEO
WealthNavi
1〜2株購入

20万円以下だと少し資産運用の幅が広がります。

WealthNaviは最低額が10万円なので手を出すことができます。

私はWealthNaviも利用しています。

お金が少なくなった時は最悪積み立てをストップする事ができます。

SBI証券のS株やOne Tap BUYでは一株単位で株を購入することができます。
1株だと数千円から十万円以内で購入することができます。まずは自分の好きな会社の株を購入してスタートしてもいいかもしれません。

50万円以下

50万円貯まっていると結構資産運用の幅が広がります。

つみたてNISA
THEO
WealthNavi
純金積立
外貨預金

などがメインです

つみたてNISAやWealthNavi、THEOである程度貯まったら外貨預金や純金積立で日本円を変換するとさらに分散投資できます。
純金積立や外貨預金のメリットは日本円の価値が下がり紙切れになったとしてもダメージを抑えることができます。

純金を保有していたら各国のお金に変換することができ、外貨もその国で利用できるので円を100%保有しているよりかは安全です。

ちなみに私は手続きが簡単なので仮想通貨を購入しています。変動が激しいのであまりお勧めはできません。かなり余裕になってきたら仮想通貨も一つのてです

つみたてNISAの選び方

つみたてNISAおすすめですと私は言いましたが、つみたてNISAの何を選べばいいのかまだ説明していなかったのでこれから説明に入りたいと思います。

つみたてNISAは投資信託を購入します。投資信託は

日本株
外国株
国内債券
外国債券
国内不動産
海外不動産
コモディティ(トウモロコシなどの商品)
バランス

があります。

見極め方

バランスを購入することが一番楽ですが、私は日本以外に運用している投資信託を購入しています。
それはなぜか

日本は後進国
働きたくない国ランキングトップクラス
賃金がかなり低い国
サラリーマンの天引きの高さ(手取り15万円)
ブラック企業の多さ

こんな国に投資したいですか?
私は投資したくありません。
こんな将来性のない国にお金を回すだけ無駄なのかと感じています。

仮にAという国に住んでいいるとしましょう。資産運用をしようと考えて海外の経済状況などを調べているときにB国という日本のような状況の国があったとします。おそらくほとんどの方は投資したくないと感がるでしょう。
このように自分が移住して働いてみたいという気持ちがあったらその国に運用する決め方がいいと思います。

とにかく早く始める

早く多額の資金を資産運用に回すのはとても危険です。ですがだからと言って運用しないと何も始まりません。

なのでポイントやつみたてNISAを活用して千円単位で資産運用を始めてみましょう。資産運用を始めると新たな世界も見えてくるので新しい自分も求めていきましょう!

時間を武器に


アインシュタインは複利が「人類最大の発明」と言いました。

複利はお金を増やす上でとても必要になります。複利は時間を武器にできます。なので早ければ早いほど長期的な目で見ると資産が増えやすくなります。

目先の利益でいつも失敗してる方は複利の良さに気づけてないからだと思います。

コツコツ積み上げながら複利で資産を増やしていきましょう。

最後に

資産運用にも失敗はあります。できるだけ早いうちに少額で失敗しましょう。

その失敗は後にあなたの力となります。




   

            チャンネル登録お願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA