観光記事はこちら!

関東の温泉旅行は草津温泉で決まり!

   

            チャンネル登録お願いします!

冬に関東で旅行を考えている皆さんにおすすめの観光地です!

日本の名湯「草津温泉」

草津温泉は日本の名湯に指定されており、名湯の中でも特に有名な温泉です。
標高が1,156mと、とても標高が高いので冬はとても寒いですが温泉が体の芯まで温めてくれます

アクセス方法
東京駅→高崎駅→長野原草津口駅→草津温泉バスターミナル(3,790円 4時間)
東京駅→上野駅(特急草津号)→長野原草津口駅→草津温泉バスターミナル(6,300円 3時間)
新宿駅(バス)→草津温泉バスターミナル(時期によって異なりますが、約3,000円です。約4時間)


草津温泉の観光地について紹介します。

おすすめ観光スポット(YouTubeの分数)
・湯畑 (0:00)
・熱乃湯 (2:18)
・光泉寺(1:21 の奥にあります)
・白根神社 (1:32)
・草津熱帯園

湯畑

草津と言ったら湯畑!

湯畑は365日24時間ずっと温泉が流れ続けています。

湯畑に流れているお湯の温度は約50°〜 60°なので、冬は前が見えなくなるほど湯気が出ています。
湯畑周辺は硫黄の匂いがかなりします。湯畑に近い旅館は少し窓を開けるだけで硫黄の匂いが部屋の中に入ってきます。

年によって少々異なりますが、大体11月から3月頃の日没から深夜1時までライトアップされています。

湯畑
湯畑は温泉の温度を冷ますために作られたものです。
水を入れて温泉を冷ましてしまうと温泉の効能が薄くなってしまうため、温泉を様々な場所に流し温度を冷ましています。

熱乃湯

熱乃湯では草津の伝統行事を見ることができます。

熱乃湯

熱乃湯も湯畑と同様で、水を入れて温泉の効能を薄めないようにするために六尺板でかき混ぜて温泉を冷ましています

熱乃湯の一番のポイントは草津節です!

熱乃湯では草津節に合わせて湯もみガールズが六尺板で温泉を湯をもみます。

・草津節とは?
草津節は草津温泉の民謡で、高温の温泉を六尺板でかき混ぜてる時に唄われる作業唄です。

湯もみガールズが湯もみしたあとは湯もみの体験ができます。

多くの方が体験できるので、ぜひ湯もみ体験してみましょう!

光泉寺(こうせんじ)

湯畑の隣にある光泉寺は日本温泉三大薬師です。

光泉寺から見る湯畑の景色はとても綺麗で、夜になるとライトアップされるのでおすすめです!

白根神社

白根神社は湯畑や熱乃湯の近くにある神社です。
ですが結構階段があるので普段運動してない人は無理しないでください!

白根神社からは湯畑方面を上から眺めることができます。

草津熱帯園

草津熱帯園には様々な動物がいます。

・猿
・ワニ
・ヘビ
・カメ
・フラミンゴなど…

他にも様々な動物がのんびりしていました!

猿はかなり喧嘩していましたが…笑

宿泊・飲食

宿泊やご飯も観光の楽しみの一つですよね!今回は実際に行った場所を紹介します。

中村屋旅館

猫好きにはとてもたまらない旅館です!

中村屋旅館

まず旅館に入ると猫がお出迎えしてくれます。

中村屋旅館は温泉を利用した床暖房なのでとても暖かく、猫がどこでも寝っ転がっています!

三四郎

三四郎は居酒屋で、料理がとにかく美味しいです。

中でも下仁田産のネギの天ぷらが一番おいしかったです。
噛めば噛むほどネギの甘味が出てくるのでいつまでも噛み締めることができます。

日本酒もたくさん揃って新鮮な刺身があるのでとても良い居酒屋でした!

そばきち

そばきちは名前の通り蕎麦がとても美味しいです!

私は山菜そばを食べましたが、とてもおいしかったです!

ご飯の写真を全て忘れてしまいました…

草津温泉の予約は早めに!

草津温泉は毎年多くの観光客で賑わっています。

温泉以外にスキー目的でくる観光客もいるので3ヶ月前から準備を始めましょう!




   

            チャンネル登録お願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA